献血ルームの看護業務☆看護師派遣の求人

献血ルームの看護業務☆看護師派遣の求人

pixta_4995602_S.jpg
私の父は、脳梗塞で倒れ、その後遺症で身体に麻痺が残っています。

まさか、自分の家族がこのような状況になるとは思ってもいませんでした。

多くの方は、自分の家族はいつまでも健康で長生きすると思っています。

でも、病気というのは、予想もしない時に突然襲ってくるんだな、という事を凄く実感しました。

父は在宅でほとんど寝たきりの状態になっています。

父の介護は、母と私、それに私の夫とで、協力して行なっています。

実は、父が脳梗塞になって在宅介護が必要になった事をきっかけに、両親と同居する事にしたんです。

それを理解してくれた夫には、とても感謝しています。(^_^)

私は、父の介護をする為に、病院勤務を辞めて、老健での夜勤の派遣看護師で働く事にしました。

夜勤の仕事は高給だし、老健だったら病院のようにバタバタしていないので、疲れきってしまう事もありません。

夜は母や夫が父の介護をしているので、夜間に働くのが自分にとって都合がいいんです。

老健には、認知症の方、糖尿病や心臓系の疾患を抱えている方など、いろいろな方が利用しています。

そのような高齢者の看護や介護をする事で、高齢者のケアについて学ぶ事ができるので、とても勉強になっています。

私は、病院で働いていながらも、高齢者看護についての知識があまりありませんでした。

働いていた病棟には高齢者の患者さんがほとんどいなかったので、勉強する事もなかったんです。

でも、父が倒れた事で、高齢者看護や介護についての知識が必要になりました。

私は、介護士の業務をサポートしたり、介護士の方から介護についての話しを聞く事で、父の介護に役立てています。

今後は、老人看護について、もっと専門的な知識を学びたいと表います。(#^0^#)

2015年7月16日|