私が看護師を目指した理由

私が看護師を目指した理由

私は、子供の頃からずっと看護師の仕事に憧れていました。

というのも、私がまだ小さかった頃、身体が弱くてすぐに熱を出すような感じだったんです。

だから、近くの小児科クリニックにいつも通っていたんですよね。(--_--")

子供の時って、病院に行くのが怖いですよね。

具合が悪くて病院に行く度に注射や点滴を打たれて、クリニックに着くと、
今日はどんな治療をされるんだろうと思って、いつも不安だったんです。

でも、そんな子供の不安を軽減してくれるのが、働いている看護師さんだったんですよね。

そこのクリニックの看護師さんは、みんなとても優しくて、でも、テキパキと仕事をこなしていて、
すごくかっこ良く見えたんです。

そんな看護師さんの姿をいつも見ていて、いつの日か、私もこんな看護師さんになりたい、
と思うようになったんですよね。

中学生になった頃には、身体もすっかり丈夫になって、病院通いをしていたのが嘘のように健康になりました。

でも、看護師になりたいという気持ちは変わる事なく、専門学校に通って看護師の資格を取りました。

ずっと憧れていた看護師の資格が取れた時には、本当に嬉しかったですよね。

実際に看護師として働き始めて、予想していた以上に辛い事ばかりありました。

人の命を預かる仕事ですから、いつも緊張していて、精神的にも肉体的にもかなりハードです。><

でも、大変な分、看護師の仕事は男性並みに稼ぐ事ができるんですよね。

この仕事を選んで本当に良かったと思っています。

看護師の資格を持っていれば、この先仕事に困る事はまずありませんよね。

看護師はとてもやり甲斐のある仕事です。

今はまだ覚える事が沢山あって、毎日必死になっていますが、
これからいろいろな目標ができてくると思います。(^_^)

2015年4月20日|