記録を塗り替えた看護師転職サイト



献血ルームの看護業務☆看護師派遣の求人

pixta_4995602_S.jpg
私の父は、脳梗塞で倒れ、その後遺症で身体に麻痺が残っています。

まさか、自分の家族がこのような状況になるとは思ってもいませんでした。

多くの方は、自分の家族はいつまでも健康で長生きすると思っています。

でも、病気というのは、予想もしない時に突然襲ってくるんだな、という事を凄く実感しました。

父は在宅でほとんど寝たきりの状態になっています。

父の介護は、母と私、それに私の夫とで、協力して行なっています。

実は、父が脳梗塞になって在宅介護が必要になった事をきっかけに、両親と同居する事にしたんです。

それを理解してくれた夫には、とても感謝しています。(^_^)

私は、父の介護をする為に、病院勤務を辞めて、老健での夜勤の派遣看護師で働く事にしました。

夜勤の仕事は高給だし、老健だったら病院のようにバタバタしていないので、疲れきってしまう事もありません。

夜は母や夫が父の介護をしているので、夜間に働くのが自分にとって都合がいいんです。

老健には、認知症の方、糖尿病や心臓系の疾患を抱えている方など、いろいろな方が利用しています。

そのような高齢者の看護や介護をする事で、高齢者のケアについて学ぶ事ができるので、とても勉強になっています。

私は、病院で働いていながらも、高齢者看護についての知識があまりありませんでした。

働いていた病棟には高齢者の患者さんがほとんどいなかったので、勉強する事もなかったんです。

でも、父が倒れた事で、高齢者看護や介護についての知識が必要になりました。

私は、介護士の業務をサポートしたり、介護士の方から介護についての話しを聞く事で、父の介護に役立てています。

今後は、老人看護について、もっと専門的な知識を学びたいと表います。(#^0^#)

2015年7月16日|

看護護師健診派遣について。どんな検査項目があるの?

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg
結婚や出産をきっかけに、働いていた職場を退職する看護師は沢山いると思います。

私もそのうちの一人です。

出産をした時に、育児に専念したくて長年働いていた病院を退職しました。

数年の間育児に専念した後に、仕事に復帰する事にしました。
育児と仕事を両立させる事は簡単ではありませんから、病院で働こうとは思っていませんでした。

私は、昔から高齢者介護に興味があったので、老人看護に関わる仕事をしたいと思っていました。

そんな時に、たまたま看護師仲間から、訪問看護の仕事をしないかと誘われたんです。(*^0^*)

訪問看護の経験はありませんでしたが、とても興味がありました。

患者さんのお宅を訪問する仕事は、病院勤務とは違って独特なので、難しいと聞いた事があります。

それに、普段看護をしている家族は、病気についての知識が豊富なので、看護師に対してのチェックが厳しく、少しでも気に入らない事があるとクレームが入る事もあります。

特に若い看護師の場合、経験が浅くて知識がないと思われる事が多く、それだけで信頼されないといったケースも多々あります。

その点、私は年配看護師なので、心配はありませんでした。

訪問看護は、患者さんの本当の思いや姿を見る事ができるので、とてもやり甲斐がある仕事です。

入院していると、他の患者さんの目もありますから、思った事を訴える、という事がなかなかできません。

でも、住み慣れた自宅であれば遠慮する事もありません。

その反面、夏のメンズファッションわがままが出てしまいますから、看護師は大変ですが、患者さんが望んでいる、
一人一人にあったケアができると思うんです。(^_--)--☆

看護師求人サイトを利用して、訪問看護は、派遣看護師で働いている方が沢山います。

今後は、認知症看護についてもっと学びたいと思っています。

2015年7月 8日|

私が看護師を目指した理由

私は、子供の頃からずっと看護師の仕事に憧れていました。

というのも、私がまだ小さかった頃、身体が弱くてすぐに熱を出すような感じだったんです。

だから、近くの小児科クリニックにいつも通っていたんですよね。(--_--")

子供の時って、病院に行くのが怖いですよね。

具合が悪くて病院に行く度に注射や点滴を打たれて、クリニックに着くと、
今日はどんな治療をされるんだろうと思って、いつも不安だったんです。

でも、そんな子供の不安を軽減してくれるのが、働いている看護師さんだったんですよね。

そこのクリニックの看護師さんは、みんなとても優しくて、でも、テキパキと仕事をこなしていて、
すごくかっこ良く見えたんです。

そんな看護師さんの姿をいつも見ていて、いつの日か、私もこんな看護師さんになりたい、
と思うようになったんですよね。

中学生になった頃には、身体もすっかり丈夫になって、病院通いをしていたのが嘘のように健康になりました。

でも、看護師になりたいという気持ちは変わる事なく、専門学校に通って看護師の資格を取りました。

ずっと憧れていた看護師の資格が取れた時には、本当に嬉しかったですよね。

実際に看護師として働き始めて、予想していた以上に辛い事ばかりありました。

人の命を預かる仕事ですから、いつも緊張していて、精神的にも肉体的にもかなりハードです。><

でも、大変な分、看護師の仕事は男性並みに稼ぐ事ができるんですよね。

この仕事を選んで本当に良かったと思っています。

看護師の資格を持っていれば、この先仕事に困る事はまずありませんよね。

看護師はとてもやり甲斐のある仕事です。

今はまだ覚える事が沢山あって、毎日必死になっていますが、
これからいろいろな目標ができてくると思います。(^_^)

2015年4月20日|

看護師派遣で常勤看護師よりお得に働ける

パートやバイト、常勤、派遣など、看護師にはいろいろな働き方がありますが、
一番優遇されているのは常勤だと思われていますよね。
常勤は身分が安定していて、給料も安定して、ボーナスや退職金があります。
福利厚生も充実していて、年休や公休があって、すべての面で羨ましい感じがします。
でも、その反面、常勤で働くのは責任が重くなるし、残業や休日出勤などもあるし、
プライベートを犠牲にする部分が沢山ありますよね。
どんな仕事も大変ですが、特に看護師は人の命や健康を預かる仕事なので、大変な部分が大きいと思うんです。

実際に、独身時代は常勤でバリバリ働いていた方でも、結婚や出産を期に、プライベートと仕事を両立させる為に、
バイトはパートに変更する人が多いですよね。
子供が成長した時に常勤に戻ろうと思っている方も沢山います。

でも、常勤ではなくてもお得に働ける方法があるのを知っていますか?
実は、派遣の仕事は常勤よりお得な面が沢山あるんですよ。

派遣の一番のメリットは、時給が高くてシフトの自由が利くところですよね。
ママさんナースであれば、子供の都合に合わせて仕事を入れる事ができますし、短時間の勤務も可能です。
派遣会社に登録すれば、保健や福利厚生面を会社が代行してくれるので、身分も安定するんですよ。

給料面も、派遣とバイトを組み合わせて働けば、ボーナスはありませんが、時給が高いので、
常勤の月給とそれほど差がないんです。
単発バイトなどを入れたりすれば、年収に換算すると、ボーナスを入れた常勤の年収と変わらないくらいに稼ぐ事ができます。

シフトの自由が利いて、人間関係のトラブルが少ない事を考えると、常勤よりも賢い働き方かもしれませんよね。

2015年4月 6日|

クリニックの看護師パートの口コミなど

私は入院施設併設のクリニックと、入院施設のないクリニックの2箇所に勤めていました。
まず、入院施設のあるクリニックからお話します。
もともと、病棟で正社員として勤めていました。妊娠、出産を経てパートになり、クリニックに移動となりました。
診療科が多い外来であったので、曜日によって小児科、内科処置室、神経内科の診察についていました。
勤務時間は9時?16時半で、週4?5日でした。夜診もありましたが、特に入らなくても何も言われませんでした。時給は1510円でした。
《1日の例》
午前9時から12時まで
内科処置室で採血、検査の説明、点滴などの処置 入院の人を病棟にあげ、申し送る
12時から13時
休憩
13時から16時半まで
神経内科の診察介助

残業はほとんどないですが、診察が長引けば終わるまで少し残業がありました。大学病院から週に何回か来てくれる先生についたりするときは、先生に慣れていないので緊張したりしましたが、処置室にいるときは、処置をこなすだけなので気分的には楽でした。
また、小児科は人気があったので、とても忙しく、大変でした。部署によって人間関係が悪かったり、やり方が違ったりして大きな病院の外来はやりにくいと感じました。しかし、人や部署が多い分!休みやすかったり、うまくいかないときは部署を変えてもらったりできました。

もう一つは内科が基本の小さなクリニックでした。診察介助専属の人がいたので、処置室勤務でした。
滅菌もクリニック内でオートクレーブで行ってました。
8時45分から16時の勤務でした。
時給は1600円でした。
《1日の例》
8時?12時(診察終了まで)
処置室で採血、点滴、12誘導をとる、検尿など
診察が終われば片付け 滅菌物をオートクレーブにかける
12時?13時
休憩
13時?16時
胃カメラの介助や掃除
何もないときはたまにお茶したりしてました。
残業は全くなく、患者さんもそんなに多くなかったので楽でした。
どっちも比較的に融通のきく職場で、時間も私の希望に合わせてくれてました。

2015年3月13日|

訪問入浴の看護師の仕事

訪問入浴の仕事は大変だと思います。
なぜなら、とにかく力仕事が多く、1日に訪問する件数も多く、体力勝負です。

仕事はだいたい、運転手件ヘルパーの男性、ヘルパーの女性、看護師の三人で一台の車に乗り訪問します。
会社によって違うとは思いますが、三人の役割分担が決まっています。
運転手件ヘルパーの男性(多くは無資格)は、車の運転、浴槽の運び込みセッティング・片付け、給水・排水のセッティング、ベット等から浴槽まで患者を抱える、男性患者の場合下を洗うなどです。
ヘルパーの女性は、浴槽が室内に運ばれてからの準備、湯をためる、看護師と一緒に患者の体をあらうなどです。
看護師は、バイタルサインの測定、患者の服の着脱、軟膏塗布など処置、髪の毛を乾かす、記録などです。
ベットと風呂の配置によって、ヘルパー女性か看護師のどちらかが男性と一緒に患者を抱えて運びます。
看護師は他の二人より仕事が多く、人によっては手が空いても手伝ってくれず、早く終わらないかなという目で見られつらい思いをします。
だいたい一件45分で入浴を終わらせ、15分で移動、一日6から7件訪問します。
時間がかかればだんだん遅れていき、残業になります。
昼ごはんはだいたいコンビニの駐車場で、1時間とれないことが多いです。酷い時は、移動中にご飯を食べて休憩なしです。

雨の日は荷物運びでぬれることが多く、夏は暑くて1日中汗をかきっぱなし。
もう訪問入浴の仕事は辞めてしまったのですが、つらい思いでしたでてきません。

給料はクリニックの看護師と同じくらいではないでしょうか。ボーナスは少ないです。
特に給料が多くもなく、仕事はきついため退職者が多いです。そのため看護師の確保ができず、派遣の看護師を雇っているところも多いです。
なかなかおおすすめできる仕事ではないような気がします。

2015年3月13日|

院内保育園は子を持つ看護師の救世主

院内保育園は,子どもを持つ看護師にとっての救世主です.なぜなら,こちらのニードに合わせた対応をしてくださるからです.
 まず,出勤場所,つまり病院の中に保育園があるので通勤が楽です.公営や民間の保育園へ預けると,その保育園へ寄ってから出勤しなければなりません.通勤路の途中に保育園があればよいのですが,そう都合よくいくことは少ないです.保育園の立地場所によっては,わざわざ病院とは逆方向へ預けに行かなければならず,その分早く家を出発する必要性が生じます.しかし,院内保育園でしたら職場へ行けば良いので,朝などは貴重な時間の節約になります.
 次に,預かってくださる時間帯が柔軟です.看護師の勤務は年中無休で24時間です.その特殊な勤務に合わせて,早朝から夜遅くまで,あるいは夜勤時にも預かってくださいます.土日祝祭日にも対応してくださり,本当に助かりました.
 さらに,子どもが体調を崩した際にはすぐに迎えに行け,状態によってはそのまま自分の勤務する病院を受診させてから帰宅することが可能です.子どもが転んで前歯がグラつき,受診するよう電話でご連絡をいただいたことがあります.その時,体調不良ではないので受診だけで済むと思い,急遽「休憩」として一時病棟を離れさせていただきました.そして,口腔外科を受診し再登園させ,勤務へ戻ることができました.仕事を早退することなく対応できたのも,院内保育園だからこそと思います.
 院内保育園でも,季節の行事や,近くの公園でのランチ,発表会など,子ども達の思い出に残る行事を開催してくれます.季節の行事は,幼稚園や他の保育園とは異なり,親が何かを作成したり当番になってお手伝いするようなことはありません.作成に必要な材料,たとえば牛乳パックやペットボトルなどの提出は求められることがありますが,大した苦労を必要としません.近くの公園でランチをする日は,お弁当を持参しなければなりませんが,年に1~2回しかないので,その位の頻度ならお弁当作りを頑張れます.発表会は,早い時期から日曜に設定してくださるので,勤務の調整ができ,夫と共に参観することが可能でした.卒園式も立派に開催してくださり,毎日働く母への感謝の言葉を子ども達と一緒に考えてくれ,それを聴いたときには感動で涙が止まりませんでした.
 院内保育園は,看護師の大変さを理解してくださる保育士の皆さんの愛であふれています.いつも「お疲れ様です」や「残業で大変でしたね」など,温かい言葉をかけてくださり,疲労困憊していても救われました.そんな理解ある保育士さんのいる院内保育園があったから,私は子ども達2人を育てながら仕事を続けることができました.子ども達も院内保育園で伸び伸び育ち,中学生と小学生になった今でも,時々懐かしく思い出を話しています.看護師をしながら子育てするのは,並大抵のことではありません.でも,そんな頑張る母を支えてくださる人々は沢山います.ぜひ,院内保育園に頼って力になってもらい,大変だけど貴重な乳幼児期を上手に過ごしていってほしいと思います.

2015年3月13日|

相談できる看護師主任と師長はいない?

私は地方の中規模病院に勤めています。スタッフは年中不足しており、求人の出ない月はないという病院です。 師長・主任はそれぞれ1人ずついますが、師長も夜勤に入っているため、日勤にいないことがよくあります。そうなると主任の独壇場になってしまい、普段よりさらに態度が大きくなります。

元々の性格なのか、休憩時間には彼女の言う「できない」スタッフの陰口、本人の前でも聞こえるように悪口、とにかく言いたい放題なのです。少しでも気になることがあれば「あんなこともできない、知らない」といって短所ばかりを指摘し、スタッフの良い部分には全く触れようとしません。
一応、コール対応時は急に態度が変わって優しくなり良いナースを演じますが、詰所に戻ればなにか一言嫌みや文句を言わねば気が済まないようです。このような上司なのでスタッフもかなりストレスをうけており、直接悪口を言われ続けたナースはすでに数人辞めています。賢い主任は自分のせいでスタッフが移動・辞めていることに気づいているだろうに、態度を改めることはありません。人が辞めてしまえば残ったスタッフでカバーしなければいけないのに、その大変さを理解しているのだろうか?と疑います。

師長も主任のこのような態度はもちろん知っています。
本来なら、辞めると言いだす前にスタッフの態度から悩みの有無などを把握し、トラブルがあればその間に入って問題を解決する役割のはずなのですが、全く頼りになりません。主任と向き合おうとしないのです。そんな師長に対して主任も馬鹿にしています。このような上司なので、病棟の雰囲気は年々悪くなっています。
患者様のことで悩むなら有意義なんですが、それ以前の問題ですし、このままでは良いスタッフが誰もいなくなってしまいそうです。
いっそのことどちらかが移動になってくれないかな?と密かに、でも真剣に考えてしまいます。

2015年3月13日|

デイサービス看護師は楽しい?やりがいは?

デイサービスというの医療施設ではないので看護師の業務としても医療行為はほとんどありません。基本的には、利用者さんが入浴できるかどうかの観察や、機能訓練のお手伝いといったことがほとんどになると思います。他にも、入退院を繰り返す利用者さんの家族と医療施設の中間の役割として、健康状態を観察し把握するという意味もあるかもしれません。
ですが、医師不在のデイサービスも多く、そういった施設で万が一急な体調変化があったり、事故があった場合は全て看護師の判断でケアを行うことになるでしょう。介護スタッフだけでは出来ない処置がありますので、看護師はそういった時に大切な立場となります。

基本的には観察するという仕事が中心となります。そういった業務に対して、仕事に張り合いがないとか役割がよくわからずやる気が出ない、と思う看護師もいるかもしれません。
ではどういった看護師がデイサービスに向いているのでしょうか。
最初に、高齢者と接するのが好きだという人は前提条件です。
その中で、急性期の病棟や忙しい外来に勤務している事がつらくなった人にはデイサービス勤務は合うと思います。デイサービスはゆっくりとした時間が流れているので、そういった雰囲気での勤務を希望する人には楽しめるはずです。
また、デイサービスに週に2?3日、それ以上通っておられる利用者さんも多いです。ですので、自然とコミュニケーションをとりやすくな利用者さんとの距離も縮まるかと思います。利用者さんとの関係が築ける事で、仕事も楽しく感じられるようになると思います。
職場によっても労働環境は大きく違ってくると思います。入浴や食事の介助も看護師の業務という考えの職場もあります。一方、看護師は医療行為と記録のみと決められているところもあります。介助などが増えてくると看護師の役割が曖昧になりがちでやりがいを感じにくくなる要因になってくると思います。
どんな職場でも多少のストレスはあると思いますが、自分に合った環境を探せばデイサービスでの勤務もやりがいのある仕事だと感じることができるのではないでしょうか。

2015年3月13日|

看護師転職してから分かる職場のデメリット

看護師の仕事は独特でハードなので、転職をするケースも多いですよね。
特に、結婚や出産をすると、今までと同じように仕事中心で働く事は難しくなるので、
家庭と仕事を両立させる為に働き方を変える方も沢山います。

でも、転職って本当に神経を使いますよね。

転職したいと考える時の理由は、生活環境の変化だったり、希望の仕事をしたいとか、キャリアアップとか、
いろいろあると思うんですけど、一番多いのは、人間関係だと思うんですよね。
看護師の職場は女性が中心なので、人間関係に問題がある職場がすごく多いのが事実です。
人間関係ばかりは、実際に転職してからでないとわからない場合が多いので、難しいですよね。

転職をしている看護師の中には、せっかく転職しても職場環境が悪かったりして、
何度も転職を重ねてしまっている方が沢山います。
でも、そうすると、安定しない状態が続くので精神的に落ち込んでしまいますよね。
転職する前に、その職場の環境をすべて調べるというのは難しい事ですし、実際に働いてみて分かる部分というのは必ずあると思うんですが、
できる限り事前に下調べをする事が大切です。
事前に職場環境を調べておかないと、せっかく転職をしても、働きにくい環境で、仕事への意欲も薄れてしまいます。

看護師の仕事は、職場によって、給料や待遇、業務内容、それに人間関係に大きな違いがあります。
看護師は、ただでさえ忙しくてストレスが溜まる仕事なんですから、少しでも職場環境の良いところで働きたいですよね。
忙しくて大変な仕事でも、人間関係などの職場環境が整っているところならば頑張る事ができます。
転職してから後悔しないように、しっかりと下調べをしたいですよね。

2015年3月10日|


宣伝プログラムGF ページランク表示 PR7サイト集 RANKERS ショッピングカート 童話集